↓外資系ファッションブランドへ転職を考えている方は、まずはこちらの記事をどうぞ↓

体験談:ファッション業界の転職に強い『クリーデンス(CREDENCE)』に申し込んで面談してみた

ファッション業界への転職
ファッション業界への転職

ファッション業界の転職エージェントといえば、『クリーデンス(CREDENCE)』が有名です。
今回は実際にクリーデンスの転職相談サービスに申し込んで面談を受けた体験談になります。

クリーデンス(CREDENCE)の特徴

まず、クリーデンスがどういった転職エージェントなのか、見ていきます。

クリーデンスは、アパレル・ファッション業界に特化した転職エージェントです。
転職サイト「doda」等で知られる、パーソルキャリアが運営しています。
大手グループのサービスなので安心感があります。

国内アパレルやセレクトショップ、外資系ファッションブランドまで幅広い求人を扱っています。
職種もデザイナーやパタンナーなどのクリエイティブ系から、本社バックオフィス系、販売職などなんでもあります。

ただし、他の転職エージェントと比較すると以下のような特徴があります。

  • 国内ファッション企業(内資)の求人数はおそらく一番多い
  • 販売職(ストアスタッフ)の求人は、内資・外資系ともに強い
  • 本社オフィスの求人は、外資系は少ない

したがって外資系ファッションブランド本社に転職を考えている方は、JACリクルートメントなど外資系に強いエージェントを使ったほうが良いでしょう。

逆に外資の販売職や内資への転職を考えている方にはとてもおすすめのエージェントです。

◆関連記事◆

外資系ファッションブランド本社に転職したいならこの転職エージェントがおすすめ

転職エージェントにはそれぞれ得意分野があるため、適した転職エージェントを見つけることが転職を成功させるための大事な鍵です。ファッションブランド本社に転職したい場合はどのエージェントを使えばいいのか、解説します。

クリーデンスとの面談体験談

2020年6月にクリーデンスに登録し、面談を受けました。
私は本格的に転職を考えているわけではありませんが、コロナの影響もあり、転職市場と求人の状況を知るために申し込みました。

①会員登録・申し込み

まず、今までクリーデンスを使ったことがなかったので会員登録を行いました。
会員登録はとても簡単で、履歴書や職務経歴書を登録する必要はありません

クリーデンスのHPに行き、右上の「転職支援サービス 無料会員登録」をクリックします。
https://www.crede.co.jp/

名前や住所などの基本情報を入力していきます。
2~3分で終わる程度の簡単な内容です。

職歴に関して記入が必要なのは、
「転職回数」「ファッション業界経験年数」「直近の会社名」「職種」のみです。

入力したら確認画面にうつり、チェックして完了です。
そのあとは担当者からの連絡(電話・メール)を待ちます。

②担当者からの連絡・面談予約

登録したら、担当者から連絡が来ることになります。
私の場合、登録してから約10分後に電話が来ました。すごい早さです。

その電話はとれなかったのですが、留守電が入っていました。
面談をしたいので希望日程を連絡してほしいとのことでした。
また、留守電の後に同内容のメールも届いていました。

メールだと日程のやり取りが何往復で終わるかわからなかったので、電話をかけなおしました。
この時に、いつ頃の転職を考えているかと聞かれ、具体的には決まっていないと答えました
そういう人もたくさんいるので、正直に伝えてOKです。

そしてその場で面談予約が完了。
申し込んだ日(電話をかけた日)の翌日に早速面談を入れてもらいました。

なお、現在はコロナの影響で電話での面談(15~30分)のみ行っているようです。
私としては、電話のほうが移動もなく時間が有効活用できるので助かりました。
30分以内で終わるので、ランチの時間なども活用できますよね。

③面談の準備

面談に必要なものは特に指定されませんでした。
履歴書や職務経歴書もまだ不要のようです。
※ただし直近で転職を考えている人は用意しておいたほうが良いと思います

そのため特に何も準備せず臨み、不都合はありませんでした。
強いて言えば、以下のような基本情報は把握しておいたほうが良いと思いましたが、それくらいです。

  • 自分の昨年の年収(源泉徴収票)
  • 持っている資格(TOEICの点数など)

④電話での面談

予約の時間ちょうどに担当者から電話がかかってきました。
最初に、面談の目的として「転職条件等の希望などを伺いながら、できれば時間内で案件の紹介までしたい」ということを説明してもらいました。

私はここでも先に、具体的な時期は決めていないことを伝え、自分が聞きたかったことを最初に質問しました
その後は経歴などをお話しし、実際にいくつか案件を紹介してもらいました。

経歴や希望年収を伝えることで、どのあたりの企業がねらい目か教えてくれます
また、面談後に私の希望職種のリサーチをしてもらえることにもなりました。
面談は30分弱で終わりました。

すごくスピーディー、効率的な面談だったので満足な内容でした。
電話だし雰囲気もカジュアルなので、リラックスして臨めます。
少しでも転職を考えている人は、一度面談をしてみると良いと思います。

⑤面談後のフォロー

電話面談が終わった後、数時間後に早速フォローのメールが来ました。

面談では紹介しきれなかった案件で、私の希望に近いものをいくつか紹介してもらいました
もちろん求人票を見ることができるので、業務内容、雇用条件、必須要件など基本的なことはすべて確認できます。

紹介してもらった案件は、やはり日系企業のものが多かったですが、外資系もありました。
それ以後も、案件が出てくると定期的にメールで紹介してくれます。

(追記)登録してから半年程度たった現在の状況

転職エージェントの場合、一般的に一番案件の紹介が多いのは登録した直後です。その時点で存在する案件を一気に紹介してもらえます。
その後は案件が出てきた時点で随時紹介されるため、頻度的には低くなっていきます。

では登録から半年たった現在の状況はどうかというと・・・
登録直後の紹介の後は、ほぼクリーデンスからの音沙汰はありません
コロナの状況で実際に求人が出てこないのだと思います。

しかし他社のJACリクルートメントからは、今も頻度は低いですが求人の紹介が来ているので、やはり案件数ではJACリクルートメントのほうが上だと思います。

体験談:外資系企業への転職に強い『JACリクルートメント』に申し込んで面談してみた
外資系に強い転職エージェントはたくさんありますが、その中でも特におすすめなのが『JACリクルートメント』です。実際にJACリクルートメントの転職相談サービスに申し込んで面談を受けましたので、体験談として記録します。 JACリクルー...

クリーデンスはどんな人におすすめ?

対応に関しては、クリーデンスは文句なしでおすすめできます。
体験談での対応からもわかるとおり、迅速、丁寧、親切でとても安心感があります。

しかし求人に関しては、前にも記載しましたが、外資系ブランドの本社の求人は少ないです。
そのため、クリーデンスをおすすめしたいのはこのような人です。

  • 内資系への転職を考えている人(店舗・本社問わず)
  • 外資系の販売職(ストアスタッフ)への転職を考えている人

ただし、外資系ブランド本社を希望している人でも、万が一の時のバックアップとして登録しておくことをおすすめします。

特に現在コロナの影響によって求人が減少しており、転職活動が希望通りに進むとは限りません
登録だけはしておいて、情報をもらっておいても損はないでしょう。

https://www.crede.co.jp/


なお、外資系ブランド本社への転職を考えている方に向けて、こちらの記事でおすすめのエージェントを紹介しています。

外資系ファッションブランド本社に転職したいならこの転職エージェントがおすすめ

転職エージェントにはそれぞれ得意分野があるため、適した転職エージェントを見つけることが転職を成功させるための大事な鍵です。ファッションブランド本社に転職したい場合はどのエージェントを使えばいいのか、解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました