↓外資系ファッションブランドへ転職を考えている方は、まずはこちらの記事をどうぞ↓

RTWやFTWは何の略?ファッションカテゴリーに関する用語・英語

用語集
用語集

ファッションブランドでは独特の用語や略語が使われます。
今回はファッションカテゴリーに関する用語をまとめていきます。

カテゴリーに関する用語

「洋服」(既製服)を表す用語

  • Apparel
  • Ready to wear (RTW)
  • プレタポルテ

洋服のことを「アパレル」というのは聞いたことがあると思いますが、それ以外にも呼び方があります。
Ready to wearはすぐ着られる服、既製服のことです。記載するときはRTWと略すことが多いです。
プレタポルテはReady to wearのフランス語です。

また洋服の中でもコートやジャケットなどのアウターのことを、「Outer wear (OTW)」と表記する場合もあります。

「鞄」を表す用語

  • Bag
  • Handbag (HB)

鞄(かばん)はそのまま英語でBagまたはHandbag、略してHBとも記載します。

「靴」を表す用語

  • Shoes
  • Footwear (FTW)

靴(くつ)はそのままShoesとも言いますが、フットウェアと言うとこなれ感が出ます。
FootwearはFTWと略して記載することが多いです。

「革小物」を表す用語

  • Leather goods (LG)
  • Small leather goods (SLG)

財布や名刺入れなどの革小物のことは、単にLeather goods、またはSmall leather goodsと言います。
Small leather goodsは長いので、SLGと略します。
会話の中でも「SLG(エスエルジー)」と言うことが多いです。

「ファッション小物」を表す用語

  • Accessories (Acc)

ファッション小物・雑貨はAccessories、長いのでAccと省略することも多いです。
英語でアクセサリーと言った場合、基本的に帽子や手袋やスカーフなどのことを指します。

「アクセサリー」 「ジュエリー」 の違い
ネックレスや指輪などのことを、日本ではアクセサリーと言うこともありますが、英語ではジュエリー(Jewelry)と言います。

カテゴリーミックスとは

カテゴリーミックス(Category Mix)とは、上記に代表されるファッションカテゴリーのうち、どのカテゴリーをどれくらいの割合で取り入れるかということです。

複数のカテゴリーを取り扱っているファッションブランドは通常、店舗によってカテゴリーミックスを変えています。
これは顧客の嗜好が店舗によって異なるためです。

ファッションカテゴリーの「ライフスタイル」の意味

「ライフスタイルブランド」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
これはカテゴリー的な側面からいうと、ブランドの取り扱いカテゴリーを増やすということになります。

例えば今まで主にバッグを売っていたブランドが、洋服や靴、ひいていえばホームウェアなどの取り扱いカテゴリーを拡大し、顧客の生活との接点をさらに増やすこと。
これが「ライフスタイル」化です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました