↓外資系ファッションブランドへ転職を考えている方は、まずはこちらの記事をどうぞ↓

外資系ファッションブランド本社で社内異動はある?

ファッション業界への転職
ファッション業界への転職 働き方

こんにちは、さとうけいこです。私は全く別業種から外資系ファッションブランドの日本本社に転職し、3年以上勤務しています。

日系企業の場合、数年ごとに社内異動があるという企業も多いと思います。今回は外資系ファッションブランド(オフィス勤務)の異動の実態をまとめてみました。

ちなみに店舗から本社への異動についてはこちらの記事をご参照ください。

ジェネラリストvsスペシャリスト

それまでとまったく異なる部署への異動が多いのは日系企業の特徴だと思いますが、これはジェネラリストを育成するためでしょう。
基本的に外資系企業はスペシャリストを求めています。つまり、その業務に精通していて即戦力になるエキスパートです。
もっというと欧米の場合には、大学の専攻から目指す職種へのつながりも求められます。そこに一貫性がないとなかなか雇用してもらうのも難しいようです。

まったく異なる部署へ異動するということは、この職種の一貫性が崩れます。それまでの専門性が使えなくなってしまいます。
そのため、基本的には外資系企業の場合、日系企業と比べると異動は少ないと言えるでしょう。

外資系では異動は全くないのか?

では外資系企業では全く異動はないのかというと、そういうわけでもありません。異動といっても、主に以下の3種類が考えられますので、それぞれ解説していきます。

別の地域に異動する

これは単純に、仕事内容は同じだが別の地域に異動するというパターンで、比較的よくあると思います。特に外資系の場合には、国をまたいだ異動も多いです。
例えば本国から日本に異動してきたり、日本から別地域に異動したり・・・。

専門性の近い部署に異動する

これは、その人が持っている専門性と近い部署に異動するものです。長いキャリアの中で、ずっと同じことばかりやっていても飽きてしまうし、組織としても成長が止まってしまうこともあります。
そのため担当者の専門性を広げたり、キャリアを開発するために、こういった異動が時々あります。

本人としても、それまでの専門性も生かしつつ、新しいことにチャレンジできるので、良いオポチュニティーとなることが多いです。

例としては、MD(マーチャンダイジング)の担当者がアロケーションに異動したり、ファイナンスで売上管理の担当者がコスト管理に異動したり、といったことが考えられます。
会社によって同じ名前の部署でも職掌が違ったりするので、それによって移動扱いとなるかどうかも変わりますね。

全く専門性の異なる部署に異動する

これが最も日系企業で特徴的な異動だと思います。それまでの経験や知識が生かせる範囲がかなり限定的になり、キャリアとしては1からのスタートに近くなることも多いです。

外資系ではこの類の異動はかなり少ないのですが、0ではありません。ただ、企業によっても異なってきます。
ではどうしたら未経験の部署に異動できるのか、次の章で解説していきます。

未経験の部署に異動したい場合はどうしたらいい?

結論からいうと、外資系で全く違う部署に異動したい場合は、社内公募制度を使うのが一般的です。
社内公募はインターナルモビリティ(Internal Mobility)とも呼ばれる異動制度です。

募集のあるポジションの募集要項などが公表され、希望者が応募することができます。そこから書類選考や面接での選考を経て、合格者が採用となります。
社外からの選考と並行して行う場合もありますが、社内の人間のほうが素性もわかっているし、会社のこともすでに知っているのでミスマッチとなりづらく、好まれることが多いです。

ただしそもそも社内公募制度がない企業もあるので、その会社がこういった機会を用意しているのかは確認は必要です。

また、社内公募だからといって必ずしも未経験でOKというわけではありません。当然のことながら他の条件が同じであれば経験者のほうがいいわけです。ただ、未経験でも可となる可能性は通常の外資系の転職と比べると高いかなと思います。

社内公募に受かりやすくするためには

では社内公募に実際に応募するとして、どうしたら採用されやすくなるのでしょうか。

現在の部署での業務を頑張る

まずは今いる部署での業務を頑張ること、これに尽きます。社内公募の場合、現在の部署でのパフォーマンスが完全に筒抜けになります。
今の部署でのパフォーマンスが低いということは、異動しても同じだろうと思われるため、今の部署で評価をできる限り上げておきましょう。
一定の評価をとっていないとそもそも社内公募に応募できない場合もあります。

キャリアパスをどう考えているか説明できるようにしておく

今までとは全く別の部署に異動したいと言った時、行き当たりばったりと思われる可能性は否定できません。
場合によっては今の仕事からの「逃げ」ではないかと思われるかもしれませんので、そうではなくステップアップのためだということを説明しましょう。

ちゃんと自分のキャリアパスを真剣に考えていて、〇〇という理由で異動したい、ということをしっかり自分の言葉で伝えられるようにしておくことが必要です。
同様に、異動できた場合にその先の5年・10年といったスパンでどういうキャリアを歩みたいのか、ということも考えておくと良いでしょう。

語学力を上げておく

特に外資系であれば、語学力はどこでも役に立ちます。やっていて無駄ということはありませんので、英語力がまだ十分でなければ英語を勉強しておきましょう。

英語は十分にできる場合であれば、例えば本国がフランスにあり、フランス語がプラスになるのであればフランス語。そういったものがなければ中国語が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました