↓外資系ファッションブランドへ転職を考えている方は、まずはこちらの記事をどうぞ↓

外資系ブランドのオフィスファッション

働き方
働き方

きらびやかなオフィス。モデルのようなスタッフ。『プラダを着た悪魔』のような世界・・・。

ファッションブランドのオフィスというとそんなイメージがあるかもしれませんが、そうとは限りません。
オフィスで働く際に気になるファッションについて、外資系ブランドの実態をまとめます。

オフィススタッフのファッションの実態

私の会社の社員に対する第一印象は、「みんなユニクロのTシャツにジーパンみたいな服着てる~」でした。

もちろん全員ではありませんが、そういう人が結構います。特にバックオフィス系の社員。
中にはファッションにあまり興味がないけど、単にスキルがマッチしたとか、条件が良かったから働いているという人もいるわけです。

逆にMDなどの部署の社員は、やはりファッションが好きな人が多いです。

また大手ブランドのほうがこの傾向は強い(ファッションに拘りのない人が多い)と思います。
逆に中小ブランドだったり、個性の強いブランドだったりすると、そのブランドの信者的な社員が多い可能性もあります。

面接などでオフィスを訪れることがあれば、雰囲気を確かめておきましょう。

オフィスのドレスコードはある?

オフィスにおける服装の規定はほぼ無いといってよいでしょう。
また髪の色、髪型なども自由の場合が多いです。

そのため、みんな自分の好きな恰好をして出社しています。(結果として上述の「ユニクロコーデ」のようになることも多々)

これがファッション業界で働く1つのメリットかもしれません。

逆に女性ファッション誌によく出てくるような、きれい目なオフィスファッションは浮く可能性が高いです。
わざわざオフィス用の服を買う必要はありません!

私は最初に出社したときにジャケットを着ていったのですが、「すごいしっかりした格好だね」と驚かれました。
元々金融業界で働いていたためドレスコードが割と厳しく、 オフィスカジュアル的な服しか持っていなかったのですが、今の会社で働き始めて全て捨てました。

ただし、営業など外部との接触が多い部署の場合はジャケットを着用していたりするので、とりあえずは周りに合わせましょう。

自社製品を着用する必要はあるか

注意点があるとしたら、自社製品について。

例えばバッグのブランドであれば、明らかに競合ブランドのバッグを持って出社するのは望ましくないでしょう。
特に営業など、外部の人と接する部署であれば、自社製品を持っていたほうがいいでしょう。
次に紹介する社割制度などを活用し、賢く手に入れましょう。

会社や部署によって、自社製品を着用していないと浮いてしまうのか、そうでもないのか、雰囲気が異なります。
まず自分が所属している会社・部署の雰囲気を確かめましょう。

初めて出社するときは、自社製品を持っていればそれを着用し、持っていなければ、どこのブランドのものかわからないような無難なものを着用すると良いと思います。

自社製品は安く買える?

これはファッションブランドに勤める最大の利点と言っていいかもしれません。
社員割引、通称社割の制度があります!

割引率はブランドによって異なりますが、平均すると50%割引くらいでしょうか。
割引率が低いブランドで30%、高いと70%(!)というブランドもあります。

定価だとなかなか手が出ない価格のものでも、これくらい割引になれば買えそうですよね。

また社割以外にも、

  • サンプルセール:70%~90%割引など
  • 福袋:数十万円分の商品が入って1万円~数万円など

といったような企画を実施しているブランドもあります。
こういった機会を活用して、お得に自社製品を手に入れましょう!

※ちなみに、自社製品を転売することは原則禁止されています。最悪解雇になってしまうので、邪な考えはやめましょう。

他社製品は安く買える?

とはいえ、自社製品だけでなく他社製品も時には欲しくなりますよね。
そんなときは、業界内のコネを活用し、サンプルセールやファミリーセールに招待してもらいましょう。

たいていハガキで招待券が配られています。
厳しいブランドだと担当社員のハンコやサインがないと入場できなかったりするので注意です。

自分自身にコネがなくても、社内に他ブランドから転職してきた人や、コネを持っている人がいるはずです。
そういった人からセールに招待してもらいましょう。

例えば、V●LENTINOのように、全品90%オフなんていうすごいファミリーセールを実施しているブランドもあります・・・!

サンプルセール・ファミリーセールは、ファッション業界で働く大きなメリットです!
ぜひうまく活用しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました