↓外資系ファッションブランドへ転職を考えている方は、まずはこちらの記事をどうぞ↓

外資ファッションブランドに転職して良かったこと

ファッション業界への転職
ファッション業界への転職

私が某外資系ファッションブランドに転職して複数年経ちました。
転職したことには全体として大変満足していますが、では具体的にどこがよかったのか?をまとめていきます。

現職以前の私の経歴は、金融機関→コンサルティングファームでしたので、それらの企業と比較した評価になります。
個人的な感想ですし、企業によって差はあると思いますが、ご参考になれば幸いです。

転職して良かったこと

自社商品・自分の業務に興味が持てる

私は何よりも「ファッションが好きだから」という単純な動機で転職しました。

前職の金融機関やコンサルティングファームでは、自社商品に興味が持てず、自分の業務もあまり面白くないなと思っていました。
正確に言うと、新しいことを学んだり、何かを達成したりするときの一般的な面白さはあったのですが、例えば休日に仕事のことを考えたいか?と言われると絶対にNOでした。

今はオフの時間も仕事のことを考えても苦になりません。
というか元々ファッションが好きなので、自然とファッションのことは考えてしまいます。
趣味でファッション誌を読んだりすることも、業務のインプットになるわけです。

そう考えると好きなことを仕事にできるのは最高だなと思います。

オフィスでのファッションや髪型が自由

仕事のときも好きな恰好をできるのは、ファッション好きには嬉しいですよね。

以前の職場ではオフィスカジュアルと言われるような恰好をしなければならず、勤務のときの服装がかなり限定されていました。
制服やスーツでなかっただけでも良いのかもしれませんが、OL向けのファッション誌に載っているような画一的なファッションをしなければならないのがストレスでした。

そして、服装が制限されていると、ファッションへの興味も失いそうになってしまっていました。
自由な恰好ができるようになった今は、改めてファッションが好きな気持ちがよみがえってきて楽しいです。

オフィスファッションについての関連記事

外資系ブランドのオフィスファッション
きらびやかなオフィス。モデルのようなスタッフ。『プラダを着た悪魔』のような世界・・・。ファッションブランドのオフィスというとそんなイメージがあるかもしれませんが、そうとは限りません。オフィスで働く際に気になるファッションについて、外資系ブ...

ワークライフバランスがとりやすい

外資系の特徴の1つでもあると思いますが、ワークライフバランスがとりやすいです。
休暇もとりやすいですし、フレックスタイム制も導入されているので、遅く出勤したり早く帰ったりすることが可能です。

これらは制度が導入されているだけでなく、実際に周りの雰囲気として、休暇を取ったり早く帰ったりすることが推奨されています。

ちなみに前職と比べると、コンサルティング業界はワークライフバランスが良くない(残業が多い)業界の1つで、先の予定も全く入れられないような状態でした。
金融機関のときは残業は多くなかったのですが、フレックスタイムでなかったため、定時を守らなければいけませんでした。

今は仕事を一気にしたいときは仕事をして、休みたいときは休むというバランスがとれています。

ワークライフバランスについての関連記事

外資ファッションブランドのワークライフバランス
就職・転職するにあたって重要なことの1つ。勤務時間はどれくらいか?激務なのか??ワークライフバランスはとれるのか???これらの点について、外資ファッションブランドの実態をまとめます。ストアはシフト制なので、基本的にオフィス勤務の話になりま...

年収も悪くない

そして肝心の年収ですが、すごく良いわけではないものの、国内の同業他社と比べれば高い水準です。
私自身は、前職の少し上の年収で転職することができました。
生活していくには十分な金額をもらえているので、おおむね満足しています。

年収についての関連記事

外資系ファッションブランドの年収はいくらくらい?
就職・転職を考えるときに、絶対気になること。年収はいくらくらい稼げるのか?外資系ファッションブランドの年収がどれくらいなのか、紹介したいと思います。そもそも外資系の給料は高い?まず、「外資系」というと給料がすごく高いイメー...

オシャレなエリアで働ける

ファッションブランドは大体、青山や銀座などのオシャレエリアにオフィスを構えています。
私の会社も青山近辺のエリアにオフィスがあります。

オシャレな街で働くというのは気分がいいですよね。
瀟洒なブティックを眺めながら通勤すると、ファッションブランドで働いていることを実感します(笑)
仕事帰りの買い物などもしやすいです。

また、ランチもおしゃれなお店がいっぱいあります。(少々値段はしますが・・・)

◆オフィスの場所についての関連記事◆

外資ファッションブランドのオフィスはどの街にある?勤務地もおしゃれなのか調査!
外資ファッションブランドの日本本社で働くことになった場合、オフィスはどこにあるのでしょうか?色々なブランドの本社所在地を調査しました。全体として多いのはいわゆる「港区」エリア ファッションブランドはイメージが重要なので、オ...

社員に良い人が多い

これは正直ブランドによって異なりますが、私が働いている会社の社員は良い人が多いです。
良い人というのも漠然としていますが、性格が良い、面倒くさくない、一緒に働きやすいという感じです。

前職のコンサルティング業界は、性格の悪い人が多かったです(笑)
ちなみにこれは複数のコンサルティング業界出身の人の言質を取っていますので、業界の特性かもしれません・・・。
金融機関で働いていたときは、一見みんないい人そうなのですが、裏表があったり、取り扱いがめんどくさい人が多かったなと思います。

英語が上達する

私の部署は基本的に日本語でコミュニケーションを取っているのですが、それでも英語を使う機会は絶対にあります。
例えば本国とのメールのやり取りや資料作成、社内の外国人の同僚との会話など・・・。
日常的に英語を使わざるを得なければ、否が応でも英語は上達していきます。

英語が上達するということは、それだけキャリアパスでの選択肢が増えるということです。
転職するときに転職先として選べる企業も増えるでしょうし、結果として給料が上がる可能性も高くなります。

英語の学習はかかせませんが、自分にとってはプラスだと思います。

英語についての関連記事

外資系で働くために英語は絶対に必要か?
外資系というと、多くの人が考えるのが「英語話せなきゃだめだよね?」ということ。実際のところどうなのか、解説していきます。外資ファッションブランドにおける英語力の実態結論からいいます。英語が話せなければ絶対働けないわけではな...
英語をしゃべるために最も重要なこと
外資系で働くうえで避けては通れない英会話。帰国子女でもない限り、元々ペラペラという人はほとんどいないはずです。でも元々ペラペラじゃない人がたくさん外資系で働いていて、当たり前のように英語をしゃべっています。ネイティブでない私たちが彼らのよ...

転職して良くなかったこと・想像と違ったことは?

転職して良かったことはたくさんありますが、もちろん良くなかったこともあります。
また、思っていたのと違った!というギャップもありました。

こちらは↓の記事にてまとめています。

外資ファッションブランドに転職して良くなかったこと・想像と違ったこと
前回は外資系ファッションブランドに転職して良かったことをまとめました。しかしもちろん、中には良くなかったこともあります。また想像と違ったこともいくつかありましたので、まとめていきたいと思います。 個人的な感想ですし、企業によって差はあると...

コメント

タイトルとURLをコピーしました