↓外資系ファッションブランドへ転職を考えている方は、まずはこちらの記事をどうぞ↓

英語ビジネスメールで毎回のように使う「Thank you for~」のバリエーションまとめ

英語
英語

英語メールを書いている中で、一番使うフレーズは何でしょうか?
おそらく「Thank you for~」だと思います。
1メールに1回は入っているんじゃないかと思うくらいです。

そこで今回はよく使う「Thank you for~」のバリエーションをまとめます。

Thank youの2つの使い方

「よろしくお願いします」の意味でも使えるThank you

「ありがとうございます」は日本語のビジネスメールでもよく使いますよね。
それは英語も一緒です。

しかし、日本語の場合、もう一つよく使うフレーズがあります。
そしてそれは英語の直訳がないので、初心者が英語メールを書くときに困るフレーズの1つだと思います。
「よろしくお願いします(よろしくお願いいたします)」です。

「よろしくお願いします」はとても便利な言葉で、メールの最後に入れておけば大体いい感じに文章がまとまります。
しかし英語の場合「よろしくお願いします」に当たる言葉はないので、どうするかというと、「Thank you」を使って表現します。

始めは少し違和感があるかもしれませんが、慣れれば大丈夫です。
この先に紹介していく表現も、多くが「ありがとうございます」「よろしくお願いします」どちらも意味でも使えます。

Thank you in advanceはTPOに応じて使う

「よろしくお願いします 英語」などと検索すると、必ず出てくると思うのが「Thank you for~ in advance」です。
「in advance」は「前もって」という意味なので、直訳すると「前もって言っておくけど、~してくれてありがとう」というような感じになります。

たしかにこれは「よろしくお願いします」の意味に近いですが、実際にはあまり使われません
というのも、「in advance」と書くことによって「相手に強制している」ようなニュアンスを感じるためです。

逆に言えば、状況や立場によって、あなたが相手に強制できる、強制しなければならないようなときには使ってもOKです。

しかし「in advance」と書かなくても、相手は「よろしくお願いします」の意味だとわかります。
よほどのことがない限り、あえて「in advance」は使わないほうが無難だと思います。

Thank you for~のバリエーション

返信ありがとうございます/返信よろしくお願いします

相手が返信してくれたことへのお礼、
または返信してほしいときに、返信よろしくと伝えたいときの表現です。

  • Thank you for your reply
  • Thank you for your response

特に相手が迅速に返信してくれたときは「quick」や「prompt」を使ってこのように言います。

  • Thank you for your quick reply
  • Thank you for your prompt response

ご対応ありがとうございます/ご対応よろしくお願いします

何かに対応してくれたことへのお礼、
または何かしてほしいときに、対応よろしくと伝えたいときの表現です。
これも返信と同じく「response」が使えます。

  • Thank you for your response
  • Thank you for your quick response

ただし、「対応」というのはとても幅広い意味を持つ言葉のため、できればもっと具体的な内容を記載することをお勧めします。
例えば相手が何かサポートしてくれたなら、以下で紹介する「ご協力ありがとうございます」の表現を使ったほうがベターです。

ご協力ありがとうございます/ご協力よろしくお願いします

何かに協力してくれたことへのお礼、
または何かしてほしいときに、協力よろしくと伝えたいときの表現です。
相手に何かを依頼するor依頼したときに一番よく使う表現です。

  • Thank you for your cooperation
  • Thank you for your help
  • Thank you for your support
  • Thank you for your assistance

具体的に「〇〇の件で」と言いたいときは、最後に「on 〇〇」とつけます。
例えば「この件でご協力ありがとうございます」と言いたかったら

  • Thank you for your support on this

などと言います。

ご確認ありがとうございます/ご確認よろしくお願いします

相手が何かを確認してくれたことへのお礼、
または確認してほしいときに、確認よろしくと伝える表現です。

  • Thank you for your confirmation
  • Thank you for confirming
  • Thank you for checking

ご理解ありがとうございます/ご理解よろしくお願いします

例えば相手の不利益になるようなことに対して相手が理解を示してくれたときのお礼、または理解してほしいときによろしく、と伝える表現です。

  • Thank you for your understanding

待ってくれてありがとうございます(お待たせしてすみません)

相手が根気強く待ってくれたときのお礼、または時間がかかって申し訳ないけどよろしくお願いします、というようなときの表現です。

  • Thank you for your patience

「patience」は「忍耐」という意味です。

説明ありがとうございます

相手が説明してくれたことに対するお礼の表現です。
「clarification」は「明確化」という意味ですが、「説明」のニュアンスで使えます。

  • Thank you for the clarification
  • Thank you for the explanation
  • Thank you for details

教えてくれて(お知らせ)ありがとうございます

相手が何か知らせてくれたことに対するお礼の表現です。
「heads-up」は「前もって知らせる、注意を促す」というような意味です。

  • Thank you for letting me know
  • Thank you for the heads-up
  • Thank you for the notice
  • Thank you for the update
  • Thank you for the information
  • Thank you for your advice

お気遣い(ご心配)ありがとうございます

相手が気遣って何かしてくれたとき、相手の配慮に対するお礼の表現です。

  • Thank you for your kindness
  • Thank you for your consideration

また、相手が心配して声をかけてくれた時などはこのように言います。

  • Thank you for your concern
  • Thank you for asking

「Thank you」の言いかえ

今までの例文はすべて「Thank you」で統一してきましたが、「Thank you」の部分も言いかえることが可能です。

感謝の度合いを高める:very much, so much

相手にとても感謝している場合は、「Thank you」のあとに「very much」「so much」を付けましょう。
そのあとに「for~」と具体的な内容を入れればOKです。

  • Thank you very much for~
  • Thank you so much for~

カジュアルな表現:Thanks

親しい間柄や、立場が同じ・下の相手であれば、「Thanks」もよく使います。
距離を縮めることができるのでお勧めです。
「Thanks for~」で、「~」の部分に具体的な表現を入れればOKです。

なお、感謝の度合いを上げたいときは「Thanks a lot」が使いやすいです。

少しフォーマルな表現:Appreciate

「Thank you」でも結構フォーマルに使えるのですが、「Appreciate」も言いかえでよく使います。

  • I appreciate~
  • Appreciate~

メールの場合、「I」を省くことも多いので、なくても大丈夫です。
Appreciateの後は前置詞はなしで、直接名詞を入れます。
例えばこんな感じで使います。

  • I appreciate your help

コメント

タイトルとURLをコピーしました